55b00e9cd1cf721ddb37763979363b36-770x461.jpg

      我在33歲的時候跟老公結婚,雖然我們婚後立刻就接受了不孕治療,但對於卵巢早衰的我來說,懷孕仍是一件非常困難的事。對我而言,擁有孩子是我長久以來的夢想,抱著不想放棄的心情,在日本國內輾轉了幾家醫院,嘗試過四次的試管嬰兒療程。就這樣過了沒有結果的兩年,精神上也已到了緊繃的狀態。當時,在與先生討論的過程中,我們開始將目光投放到台灣借卵這個選項上。

        最初,因為我們夫妻的英文不是很好,更不用說中文,覺得到台灣進行療程真是困難重重。但仔細調查後發現,整個療程只需要去台灣兩趟,停留幾天的時間就可以了。而且還有會說日語的聯繫人,事前透過email的溝通良好,不論多枝微末節的問題總是很細心親切的回覆,就這樣,我們決定到送子鳥進行療程。

        實際搭上飛機到了台灣後,之前跟我們通信的聯繫人笑容滿面的前來迎接我們,從在台灣時需要辦理的手續、醫師問診、檢查、到手術等總是陪在我們身邊,過程中總是用很淺顯易懂的方式跟我說明療程,彷彿交給她一切都會很順利。回日本後,也會繼續透過郵件追蹤用藥方式或是檢查結果,讓我們很放心的進行療程。

        關於捐贈者的部分,我們提出了國籍、血型等基本的希望條件,然後由院方找尋條件相符的捐贈者,因為一直以來的對應都很令人感到安心,所以就很放心的全部交給院方安排。最後,院方幫我配對到的捐贈者取到了很多很多卵子,取卵真是一件辛苦的事。我們滿懷著對捐贈者的感激與喜悅的心情,朝那曾經遙不可及的懷孕的夢想又更靠近了一步。

        第二趟去台灣的時候,送子鳥幫我從很多的囊胚中選了等級好的囊胚植入。回到日本後,藉著超音波看到寶寶小小的心臟努力的跳動著,是那樣的可愛!胸口滿溢著感動的心情。

       之後,寶寶在子宮內順順利利的成長,最後以自然產的方式出生了。在醫院,經過15小時的陣痛,看到我的寶寶的那瞬間,眼眶不禁溢滿了淚水,雖然我們也是為了迎接我們的孩子一直努力準備著,但仍然非常感謝提供優良卵子給我們的捐贈女孩、帶著令人放鬆心情的微笑幫我植入的L醫師,以及一直擔任聯繫窗口的聯繫人,對他們,我們心中充滿著無限的感激。

        我們將要與寶寶一起迎接他來到這個世上的第三個月,身高跟體重逐漸增加,每天都很有朝氣的成長著。其實,在寶寶出生前,難免會在意跟擔心寶寶跟我長得像不像,但寶寶出生後,覺得長相這種事像誰都可以,但他就是我最重要的孩子。雖然,下定決心到日本以外的國家接受治療不是一件容易的事,但因為送子鳥的大家總是盡全力給予支援與幫助,讓我們一步步向前邁進,這樣一來,到海外借卵似乎也不是不可能的挑戰。將來,等寶寶長大後,想帶著他全家一起到台灣旅行。

取卵數

成熟卵數

(MII)

正常受精卵

(2PN)

好囊胚數

植入次數

植入顆數

結果

剩餘胚胎 

19

18

14

9

1

1

(D5 4AA)

正常男嬰

8

私たち夫婦は33歳で結婚して間もなく不妊治療を始めましたが、早発性閉経という疾患により、妊娠することが極めて難しい状態でした。しかし、私にとって子どもを授かることは長年の夢で、あきらめたくない気持ちがあり、国内で何度か転院をしながら体外受精に4回チャレンジしました。精神的にも辛い治療にも関わらず、結果が出ないまま2年が過ぎ、夫婦でこの先のことを話し合う中で、台湾での卵子提供という選択肢を検討するようになりました。

中国語はおろか、英語も得意でない私たちにとって台湾での治療は、当初ハードルが高いと思いました。ただ、調べてみると2回の渡航、しかも数日の滞在でチャレンジできることや、日本語ができる女性スタッフの方が、事前のメールでの問い合わせに対して、レスポンスよく、どんなに細かい質問でも丁寧に対応してくださったことが決め手になりました。

実際に渡航した際にも、メールでやりとりして下さった担当の方が病院で笑顔で出迎えてくれ、台湾内での手続きや、医師の問診、検査や施術に至るまで常に同行し、不安の無いようにわかりやすく説明してくれました。帰国してからも薬の飲み方など、フォローのメールを下さり、安心して治療を進めることができました。

ドナーさんに関しては、国籍や血液型など基本的な事項はリクエストしたものの、私たちに合う方を探してくださるということだったので、それまでの対応が信頼できるものだったので、不安なくクリニックに一任しました。結果、選んでいただいたドナーさんが有難いことに、多くの卵子を提供して下さいました。大変な採卵だったと思いますが、難しいと思っていた妊娠が現実に近づいた喜びを感じました。

数多くの胚盤胞からグレードの良いものを選んでいただき、2回目の渡航の際に移植しました。日本に帰り、着床診断のエコーで小さな赤ちゃんの心臓が動く姿を見て、なんて可愛らしいのだろうと、胸がいっぱいになりました。

子宮内でも順調に赤ちゃんが育ち、自然分娩で出産することができました。産院で15時間の陣痛の末、生まれたての我が子を見た瞬間、思わず涙が溢れました。夫婦で我が子を迎える準備をずっと頑張ってきたことに対する気持ちはもちろんですが、コンディションの良い卵子を提供してくれたドナーさん、リラックスできるよう笑顔で施術をしてくださった先生、ずっと窓口になってくれた専任の女性スタッフの方への感謝の思いでいっぱいになりました。

我が子はすでに3か月を迎えようとしていますが、身長・体重も増え、すくすく元気に育っています。出産前には自分に似ていないことが、気になってしまうのではという不安もありましたが、生まれてみれば、そんなことはどちらも良いと思うくらい我が子をいとおしく感じます。

日本を離れての治療は簡単な決断ではないと思いますが、クリニックの方々が手厚くバックアップして下さるので、1つずつ進めていけば、チャレンジできない治療ではないと思います。我が子が大きくなったら、家族で台湾に旅行をしたいと思っています。

文/送子鳥客戶 譯/日文諮詢師Liz

圖/ http://www.adaymag.com/2019/07/08/quotes-about-hope-and-courage.html

    storkivf 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()